クラクラで援軍として贈るべきユニット

「援軍をお願いします!」と言われた時に困るのが「何を送ればいいか」です。

全てのユニットには一長一短あり、どれを贈ってもいいような気がしてきます。

というわけで今回の記事では援軍として贈るべきユニットについて解説して行きましょう。

贈るべきではないユニット

まずは贈るべきではないユニットです。

といっても1匹しかいません。

ウォールブレイカーです。

援軍としてのウォールブレイカーは、防衛時には敵ユニットの方に走って行って自爆します。

敵に範囲攻撃を与えてくれはしますが、攻撃力はさほど高く有りません。

ウォールブレイカーは壁に対して攻撃力40倍の特殊能力を持っているものの、それ以外のユニットには全然ダメージを与えることができないのです。

無駄に城の最大収容数を圧迫するだけなので贈らないようにしましょう。

攻撃側として使うのであれば使えるような気がするかもしれませんが・・・

ウォールブレイカーなんて自分でどうにかしますからね!

要りません!ウォールブレイカーは自分だけで使いましょう。

贈るべきユニット

1位:アーチャー・バーバリアン

これらのユニットはそんなに強く有りません。

じゃあなんで1位なのかというと、早く作れて安いからです。

強いユニットは作るのに時間が掛かるので贈るのにちょっと抵抗がありますが、これら安くて早いユニットは気兼ねなく贈ることができます。

強いユニットは上げられないけど、アーチャー・バーバリアンは積極的に贈ると心にきめてプレイすれば全員常に援軍を何かしら持っていてハッピーな状態になれます。

つまり「やらぬ善よりやる偽善」というわけですね。

もちろん強いユニットを送ったほうがいいに決まってはいますが、だからといって何も上げないよりは適当なアーチャー・バーバリアンを上げたほうが1000倍マシなのです。

2位:ジャイアント

ジャイアントは体力が高いので、バーバリアンなどがジャイアントに構っている間に防衛設備が何とかしてもらう、という戦略が取れます。

攻撃側として使う分にもジャイアントは役に立ちますからね。

3位:ドラゴン・P.E.K.K.A.

こんだけ強いユニット貰えたら暫くは安泰ですね。

かなり上位クランに行かなければ普通にもらえたりはしないと思われますが、もし自分がそういうクランに入ったら贈ってあげましょう。

殆どの人は縁が無いと思いますけど。

というかコイツら貰ったら 攻撃側で使いたいですね。どちらかというと。

このゲームではクランの中でどれほどユニットを寄付したかが表示されます。

donation

情けは人の為ならずと言いまして、たくさん寄付していれば、それを見た誰かが積極的に寄付してくれるようになる・・・かもしれません?

まあ・・・クラン内交流が積極的なクランに移住したほうが早いですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする